学生、学校関係者で概要を把握したい方向け

インターネット広告に関する手引書としては、ソフトバンクから発行されている「インターネット広告2001」を読むことを第一に行ってほしい。そして、インプレス「インターネットマガジン」、日経BP「日経ネットビジネス」の2誌は参考になる。
 モバイル広告に関しては、東洋経済新報社から発行されている「図解 iモード・マーケティング&広告」がある。

■Step

1.インターネット広告で必要な知識は
 →インターネット広告用語:この用語が理解できなければ仕事にならない必須用語
 →サイバー広告モデル:インターネット広告がどう成り立っているのか
 →インターネット広告業界:主なプレーヤーの紹介
 →サイバー広告業界地図:広告業界の関係図
2.サイバーアドを取り巻く
 →レップ・メディアファイル:2大レップのリンク、商品構成を見て見よう
 →サイバーアドのリンク:クリック保証、大手サイト、マーケティングまで
3.実務作業について
 →業務マニュアルのようなもの:実際には家内制手工業・・・
4.問題点
 →ページ・ビューについてPart1:定義って大事なんですよ
 →サイバー広告ECモデル:広告会社はバナー広告以外に収入の道はないのか?
 →外資と日本の広告会社系列関係図:広告会社も外資の津波に呑みこまれるのか

★それぞれのページを見終わったら、ブラウザのバックボタンで戻ってね。

sorry,japanese only...