年間広告予算10億円以上のアドバタイザー(広告主)向けへの問い掛け

広告に年間10億円もの予算を費やしている広告主に向けて、バカったれなインターネット広告やモバイル広告を含めた広告関係企業を、貴社のパートナー足りえる存在に引き上げるために、ご検討の材料にれば幸いです。

○インターネット広告のバナーについて
1.なんで、インターネット広告のバナーを使うのですか?
2.一体誰に向けて、何を伝えたいのですか?
3.チカチカ、キャーキャー五月蝿い映像バナーでクリックされる意味を考えたことがありますか?
4.何が良いか分からないページばかり誘導されますが、遊んでるんですか?

○インターネット広告のメールやテキスト広告について
1.数十文字で何が伝えられるのでしょうか?
2.そもそも、何を伝えたかったのか覚えてますか?

○マスメディア広告について
1.マスメディアで日本国民にあまねく伝わる時代でしょうか?
2.ターゲティングとニッチ、セグメンテイションを混同してませんか?

○モバイル広告について
1.総務省の通信利用動向調査でも、モバイルの利用がパソコンより多い時代ですけど。
2.PCインターネット、テレビ、モバイルなどに遍在する消費者の時代です。
3.もっとも密着浸透系のメディアがモバイルです。
4.役に立つプル型コンテンツを死ぬほど揃えた所がマインドシェアを最大化するでしょう。

○クロスメディア展開について
1.もっとも消費者の感動できるポイントを探しましょう。
2.それを狙ったように演出しても、ヤラセをしてはブログ炎上です。
3.正しい情報と、誰でも利用可能な素材を掲載しておきましょう。
4.嘘の情報は詐欺です。不利益な情報こそ、誠実に掲載しましょう。
  開き直ったら、もっと、ダメダメです。

○企業不祥事による広告掲載中止について
1.掲載キャンセルできないところは、掲載料金を払いましょう。
2.逮捕者や有罪判決が確定したら、性根を入れ替えて頑張ってください。
3.リスク管理のプロがいますので、何も考えずに記者会見を強行しないように。
4.不用意な発言は個人ではなく、会社の体質問題と言われマス。
5.原因が究明され社会的責任を果たした、と第三者に言われるまで、じっとしていましょう。

 

著作・制作 : 波乗りペンギン
Copyright © [M.kishira] All rights reserved.1997-2006
Special Thanks / Satoshi Horibe
 Japan Internet Advertising Association
  Mobile Marketing Solution Association
トップページへ