波乗りペンギンの職務経歴について

【主な職務内容】

平成 1年 4月 (株)金融アドエージェンシー入社。 
       新人研修後企画制作室配属。
 
平成 2年 4月 媒体部に配属。 
       パソコンによる効率的な業務管理を実施。 

平成 4年 9月 (株)金融アドエージェンシーを退社。

平成 5年 1月 (株)ペンギン広告社入社 第一営業室配属。 
       パソコンを使ったプレゼンテーションを実施。 

平成 5年11月 (株)動物園 浜辺第2営業局に出向。 
        日本トド産業の新聞・雑誌・デジタルを担当。
        原稿管理システムの導入と運用・管理システムを開発。 

平成 8年11月 (株)ペンギン広告社に復帰。
       メディア室媒体部雑誌課配属。 
        サイバーアド(インターネット広告)も担当。
       主だったポータル、ネット媒体のスタートアップを嗅ぎ回る。 

平成10年 5月 雑誌媒体のデジタル入稿対応を指揮。 

平成10年10月 仮想現実事業部に配属。 
       インターネット広告の企画立案・媒体開発を担当する。
       動物園CIAとは別に広告市場補完計画Tを勝手に発動。環境整備開始。
       波乗りペンギンの誕生。

平成11年 4月 (株)動物園の「スマート・シニア・コンソーシアム」プロジェクト担当。

平成12年 7月 株式会社アイノコ コミュニケーションズに出向。
       媒体担当部長として媒体戦略策定に携わる。 
       後に、企画部担当部長。 

平成×年×月 広告市場補完計画Uを発動。モバイルによる軌道修正を図る。

平成14年 1月 (株)ペンギン広告社に復帰。 
       アカウントプランニングソリューション部に配属。 
       (株)動物園の新規事業の企画と実証実験実施に携わる。

平成×年×月 広告市場補完計画Vを発動。市場の健全発展の強化を図る。
       波乗りペンギン行方不明説が浮上。

平成15年12月 (株)動物園の「水域ブランドクリエーション・プログラム」の担当を兼務。

平成16年 4月 (株)動物園の「めだかの学校プロジェクト」の担当を兼務。

平成16年 5月 (株)動物園の「獲物ブランド化プログラム」開発を担当。

平成16年 7月 株式会社ペンギン広告社を退社。

平成16年 8月 株式会社アイノコ コミュニケーションズ入社。
       コーポレート部広報宣伝室に配属。業界団体を担当。
       モバイルマーケティングソリューション研究会の事務局を開設。

平成17年 2月 コンプライアンス室を特命で兼務。

平成×年×月 ネット広告浄化計画Tを発動。

平成17年11月 新世代ビジネスの創造の場「銀座木挽町W」プロジェクトに参加。

平成17年11月 モバイル系の研究会の事務局長。
       某大学院にて「モバイルビジネス実践」講座開設。
       客員教授に就任。

平成17年11月 波乗りペンギンとして復帰。

平成17年12月 某マーケティング系団体のモバイルマーケティング研究会に、ちゃっかり参加。

平成18年 4月 某モバイル系業界団体の専務理事に就任。

平成20年 6月 某モバイル系NPO 理事就任。

平成20年10月 特命を解除され、営業企画部を兼務。

平成21年 4月  営業企画部の兼務を解除。

特記事項:JIAAインターネット広告基礎用語集編纂(およびモバイル広告用語編纂)、JIAAインターネット広告掲載に関するガイドライン集(モバイル広告ガイドライン策定、モバイル広告メールガイドライン策定)、JIAAインターネット広告の基本実務編纂、MMSAモバイル・マーケティング・ソリューション・ガイドライン策定。

       現在に至る。

著作・制作:波乗りペンギン
Copyright © [M.kishira] All rights reserved.1997-2009

トップページへ