JIAA版 インターネット広告基本用語 波乗りペンギンセレクション

インターネット広告推進協議会<略称 JIAA>が発行する「インターネット広告の基本実務」の用語集がありますが、沢山あるので波乗りペンギンが選別して掲載してみました。ですから、怒られたら即刻、当ページは削除しちゃいます。怒られなかったら、増殖していきます。(笑)
「インターネット広告の基本実務」は、インターネット広告推進協議会<略称 JIAA>が冊子を販売しています。詳しくは、冊子をご覧下さい。


CGM
シー・ジー・エム

Consumer Generated Mediaの略。プロフェッショナルな媒体社によって提供されるコンテンツ、情報、各種サービスではなく、個人のサイトや部ログ、コミュニティーなど一般の消費者が自分自身で作っているメディア。

RSS
アール・エス・エス

Rich Site Summary / Resource description framework Site Summaryの略。Webサイトにアップする記事の見出しやサマリーなどの要素を、ある一定のルールで統一したフォーマットのこと。それによってインターネット上に公開される記事の収集がアプリケーションによって自動化され(RSSリーダー)、同様のフォーマットを使って広告を配信(RSS広告)するなどへの活用が始まっている。

SEM
エス・イー・エム

サーチ・エンジン・マーケティング(Search Engine Marketing)の略。SEO活動やペイドリスティングなどを駆使して、検索サイトを利用するインターネットユーザーからの誘導を促進させるマーケティング手法を総称してSEMと呼んでいる。

SEO
エス・イー・オー

Search Engine Optimizationの略。検索エンジン最適化、すなわちロボット型の検索エンジンにおいて希望するキーワードに対して、その検索結果のランキングで上位に表示されるようにページの記述やWebサイトの設計を施すノウハウ。SEOが登場とた背景には、検索エンジンがユーザーを自社サイトに誘導するための重要な手立てとして認識されてきたことがある。

アフィリエイト
Webサイトやブログ、メルマガなどにECサイト等へのリンクを張り、リンク先のサイトで会員登録、商品購入が行われた際に決められた報酬(販売手数料、販売成功報酬)がWebサイト・ブログ・メルマガ運営者に支払われる仕組みのこと。特定サイトや特定商品のセールス活動に近いため、一般に広告ではなく販売代行といったリンク先との共同事業的な意味合いが強い。

インターネットCM
インターネット、携帯電話を含む通信回線上のサービス(広告主が管理するWebサイトを除く)の広告スペースにおいて、広告主の広告・マーケティング活動を目的として掲載されるもので、広告表現として映像および音声(音楽・ナレーション)を使用し時間軸で展開される広告を指す。映像技術、配信技術についての区別は特にしないが、配信方式は大きく分けてストリーミング方式(ユーザー側の端末にデータが残らない再生方式)とダウンロード方式(ユーザー側の端末にデータの複製を作成し再生する方式)があり、許諾の条件が違うために区別し、どちらであるか明記が必要である。また、地域限定配信の有無、あるいは範囲についても許諾の条件が違うため明記が必要である。

クロスメディア
インターネットなどのインタラクティブ・メディアの活用により、キャンペーン全体を様々な効果の観点から立体的に、より魅力的に構成すること。リーチを拡大するだけでなく、インタラクティブ・メディアでは消費者に様々なオンライン体験をしてもらうことが可能である。Webサイト上の体験だけでなく、コンテンツをダウンロードしたり、リアルイベントとの連動をさせるなど、大きな可能性がある領域である。商品添付のシリアルナンバーを入力することで、Webサイト上の体験を提供するのも一種のクロスメディアであるといえる。


行動ターゲティング
ユーザーの年齢 性別 趣味などの属性を元に広告を配信するのではなく、Webでどのようなサイトを見ているのかといったWeb行動をベースに最適な広告を配信するターゲティング概念。

サーチエンジンプレイスメント
通常検索エンジンでは検索結果はテキストによって複数のURLが列挙され、いずれかをクリックできるようになっている。この検索結果に表示スタイルを合わせた広告枠や、検索結果そのものの上位表示(検索結果は上位に表示されるほどクリックされる確率が高くなる。)に料金を払って契約するなど、検索結果面を対象にクリック誘導をかける活動を総称して「サーチエンジンプレイスメント(Search Engine Placement)」という。これには検索サイトとの契約によって有償で行う方法と、検索ロボット対策(SEO)として自社サイトに手を入れる方法があり、基本的に区別される。
⇒参照:SEO
検索結果に表示スタイルを合わせて広告枠を設定する場合は、テキスト広告タイプのサーチワード広告と表示の仕方は一見似ているがサーチワード広告がワードごとないし表示回数で決まるのに対し、サーチエンジンプレイスメントの一手法であるペイドリスティングでは クリックされてはじめて料金が発生する。このクリック単価が高いほど優先して上位表示し、オークション形式で広告主に競わせる仕組みを採用している場合もある。

ソーシャル・ネットワーキング・サービス
SNS(Social Networking Service)、ソーシャル・ネットワーキング・サイト(Social Networking Site)とも言う。参加者がお互いに紹介をしあって新たなネットワークを構築することを目的として運営されているサイトあるいはサービスのこと。登録されたユーザーのみが参加・閲覧することができるクローズドなサイトであり、友人からの「招待状」がなければ参加することが出来ないサイトがほとんどを占めている。

バズマーケティング(バイラルマーケティング)
いわゆる「口コミ」のこと。ブログやコミュニティーサイトで、一般のユーザーが商品に関する印象や使用感を述べることによって、商品が話題になっていくことがある。広告に慣れたユーザーにとっては、人の純粋な意見や感想を商品選択の参考にすることが多く、インターネットを使ってバズマーケティングを仕掛けていく手法が注目されている。しかし、仕掛け方によってはネガティブな結果を伴うことも多く注意が必要である。

ブログ
WebとLogをかけ合わせた造語(Blog)。ホームページの形式の一種で、テンプレートがすでに用意されていたり携帯からアクセス・投稿・画像のアップロードが出来るため、あえてHTMLやネットワークなどの特別な知識を必要することなく容易にサイトの運営をすることが出来る。内容は個人の日記・意見・論文などに加えてニュースやニュース解説など幅広い。さらに、投稿された各記事に対して他者「コメント」を寄せることが出来たり、一つの記事を引用しながら自分のブログで意見を述べたり(トラックバック)することが容易な為、一つの意見を中心とした広がりのある議論が展開される傾向がある。その為、新しい形のコミュニティーが生まれ始めている。

プロダクトプレースメント
媒体コンテンツに付随する枠として用意された広告スペースを利用した広告ではなく、コンテンツのなかに広告商品を取り込んで より自然に消費者にアプローチする手法。
映画やテレビドラマの中で主人公が特定メーカーの商品を使ったり、特定の場所をよく訪れたりすることによって視聴者に商品を印象づける。

ペイドリスティング
サイトコンテンツの内容に応じて広告を抽出して表示する広告の総称。要件としては、何らかの条件でサイトコンテンツに適した広告を抽出して表示すること、複数件数表示、複数のサイトに掲載されるネットワーク型であることが挙げられる。その他、クリックに応じた課金方式をとること、価格決定についてはオークションで決定すること、検索結果やコンテンツなど掲載ページの内容に類似した表示形態をとることなどの特徴を有することが多い。主な方式としては検索キーワードに連動して検索結果ページに表示するタイプと、コンテンツ等掲載ページの内容に応じて表示するタイプの2つがある。前者のタイプは「SEM(Search Engine Marketing)」と呼ばれることもある。

メディアミックス
様々なメディアを組み合わせて出稿プランを作ること。または、出稿プランそのものを指す。最小のコストで最大のリーチを獲得することを目標にすることが多い。プランの中にインターネットなどのインタラクティブ・メディアを加えることによって他媒体では到達しにくいリーチを実現できる。インターネットのマスメディア化に伴い、インタラクティブ・メディアをプランに加えることで、リーチを拡大する効果が注目されるようになってきた。

出典:インターネット広告推進協議会「インターネット広告の基本実務」より

入力作業 : 波乗りペンギン
Copyright / インターネット広告推進協議会 Japan Internet Advertising Association
トップページへ